munepi.com > Article > エンジニアに資格は必要か

エンジニアに資格は必要か

情報処理技術者

私は情報処理技術者認定者です。制度が変わる前にとったので今のとは多少違いますが、 第2種情報処理技術者、初級システムアドミニストレータ、 第1種情報処理技術者を持っています。

私がこれらをとった動機というのは、 十数年も続けてきたプログラミングは何かの役に立っているのかという証明をしたかったからです。つまり技術があることを客観的に証明できるものが欲しかったのです。 ゲーム作りをしているのと一緒です。

さて、私は大学も今年で卒業して某企業で働き始めますが、 その時資格は必要でしょうか。同期の内定者にもわりとよくとった方がいいのかな?と聞かれます。

あまりうまい返事ができないでいたので、少し考えてみました。

役に立たないことはない

とった方がいいか悪いかで聞かれれば「良い」でしょう。何ごとも勉強に限らず全てのことは体験して損はありません。 ましてや漠然としていても必要性を感じているわけですから、 本人の興味もあることのはずです。

じゃぁ、会社では役に立つのでしょうか。資格手当がつくこともあるでしょうから、 役に立たないと言うことはないでしょう。でも、役に立つのかと言われると困りそうです。 ただ、直接役に立たなくても、 情報リテラシーの面とかで多少有利にはなると思います。

もしあなたが、普段忙しいんだけれども就職の準備のために資格を取りたい、 と思った場合はどうでしょう。そこまでする必要もないような気がします。 むしろ就職してからの研修で学んだ成果を資格として形にする方が良いかも知れません。

しかし、これから就職活動というのなら、 アピールポイントにするために資格取得するのは良いことだと思います。

資格は「物差し」

私の考えでは、資格は物差しです。 その人の持っている技術をわかりやすい基準ではかるものです。技術を他人に教える必要がある場合や自分の技術程度を確かめたい場合に有効なのが、 資格なんだと思っています。

勉強のきっかけにしたいという場合もあるかと思いますが、 それも成果をわかりやすい形で残したいと言うことですので物差しとして使うことに他なりません。

だから、それらに該当するのならば資格に挑戦すればいいのではないでしょうか。

今日の参考サイト