munepi.com > Article > Omega Driversに挑戦・・・

Omega Driversに挑戦・・・

Omega Driversとは?

PC Watchをを読んでいて、 グラフィックスカードのスピードを少しだけ犠牲にして画質を向上させるという、 Omega Driversなるものが存在することを知りました。3Dレンダリング時のディテールがより鮮明になるそうです (元記事)。

記事のサンプル画像を見ていて、 はじめはただアンチエイリアスをかけないでエッジをくっきりさせただけかと思いきや、 一番下の「Zolter」で一気に興味が増しました。

なんと美しいバンプマッピング!

nVidiaの標準ドライバーではのっぺりと潰れてしまっている襟や頭飾りの細工が Omega Driversではとても立体的に迫力のある画像にレンダリングされています。

これは試す価値有りだと、早速配布サイトにアクセスしてみました。

起動できない!!

私のグラフィックスカードはATI RADEON 8500LEを積んだ Hercules製3D Prophet 8500LE 128MBですが、 RADEON用のドライバーは全部一つのアーカイブに入っているので、 特に悩む必要もなく最新のものをゲットしました。

ATI標準と同じインストーラが立ち上がって、 様々なユーティリティとともにドライバがインストールされました。

そして、再起動・・・しかし!! パスワード入力ダイアログが出ない!!!これではログオンできません。

lsass.exeというプログラムがエラーを起こして止まります。何度再起動しても同じエラーで止まるので、 しょうがなくセーフモードにしてドライバを削除し、 カードに添付のものに戻しました。

実はこのエラー、 HerculesのサイトからゲットしたATI 標準ドライバ7.72ベースのものでも起こったのです。

Omega Driversは各社の標準ドライバをベースにして改造しているそうなので、 Herculesドライバでも起こるこのエラーはOmega Driversに特有なものではなく、 ATIドライバ 7.72が原因なのではないかと推測しています。

ともかく、私の挑戦は失敗に終わったのでした。 残念。

今日の参考サイト