munepi.com > Article > 更新の手間を小さくしよう

更新の手間を小さくしよう

むねピ!、コンテンツに悩む

当サイトは、プログラミングが中心ということになってるんですが、 なかなか作品はぽろぽろとできあがるものでもないので、 コンテンツ不足に悩んでます。

特に悩むのが、サイトの形態。現在は記事形式(毎回の更新がテーマを持った内容になってる)ですが、 日記形式(その日のトピックを記す)も更新しやすそうでいいなぁ、とか。

あまり考えないで、日記のような記事でも良いのか・・・。

半自動化ノスゝメ

ところで、更新の度にあたらしいページを作ってるわけですが、 ヘッダとかフッタとかナビゲーションとか、 毎回同じようなHTMLを書くのは結構手間のかかる作業です。手間の大小は、更新するモチベーションに非常に大きく影響します。 なるべく簡単な方が頻繁に更新できるのは間違いありません。

私はそのあたり、 ちょっとしたPerlスクリプトを書いて半自動化してます。

ソースを見てみてください。<!--MAIN_BEGIN-->や<!--MAIN_END-->というコメントがあると思います。

このコメントの外側はテンプレートとして作っておき、 別のHTMLファイルとして作った内容部分をコメントの内側に埋め込むのです。

このスクリプトは2つの文字列で挟まれた部分を置換するというもので、 タイトルも全く同じテクニック(この場合は<title>から</title>まで)で埋め込んでます。

使ってみたい方はreplacer2.plからどうぞ。引数なしで呼ぶと使い方が出ます。引数を付けるときは、perl -- replacer2.plの後にいれます。

ちなみに私はこれに、

perl -- replacer2.pl /t _templates\easygoing.html /s %1 /o _temporary.html /b "<!--MAIN_BEGIN-->" /e "<!--MAIN_END-->"
perl -- replacer2.pl /t _temporary.html /s %1 /o ..\_public\%1 /b "<title" /e "</title>"
del _temporary.html

のようなバッチファイルを組み合わせて、使っています。

-+-_source
 |      +--replacer2.pl
 |      +--replacer2.bat
 |      +--_templates
 |      |       +-- easygoing.html <em>テンプレートHTMLファイル</em>
 |      +--article
 |              +-- 20020707.html <em>コンテンツHTMLファイル</em>
 +-_public
        +--article

というディレクトリ構成の時に、

C:\...\_source><kbd>replacer2 article\20020707.html</kbd>

とやると、

-+-_source
 +-_public
        +--article
                +-- 20020707.html <strong>公開HTMLファイル</strong>

なる位置に、ヘッダやフッダのついた公開用HTMLファイルが作られるという仕組みです。ディレクトリそのものは手作業で作っておく必要はあります。

今日の参考サイト