munepi.com > Article > RADEON8500LEを入れる

RADEON8500LEを入れる

先日、念願のビデオカード交換を果たしました。パーツ交換は2月のハードディスク以来です。

機種は、ATIのRADEON8500LEを載せたHercules製の3D Prophet 8500LE 128MBにしました。ATIのものを載せたカードでは最も安かったし、 Herculesは割とブランドも強いので安心できます。

RADEON8500LEにした理由も、コストパフォーマンスを考えてのことです。nVidiaのGeForce4 Tiとかはバカみたいに高いので論外。 MXもあるけど、それならRADEONの方が面白そう。最上位機種の8500(8800というのもあるが性格がちょっと違う)は25,000円くらいするのに対し、 クロックを10%落とした8500LEは18,000円くらいで3割引になってます。

とはいえ私としてはめずらしく、 値段よりも性能重視のチョイスなのは間違いありません(笑

パフォーマンスがあがらない!!

私の使っているマザーボードは ECS製 K7S5A というもので、 SiS735チップセットを載せたSocketA対応製品で、異様に安いのがウリです。反面相性問題も多いという評判でした。

で、自宅に戻ってカードを取り付けたのですが、 割とすんなり行きました。カードはまぁ普通(^^ゞ)で、ファンが小さいのが好感もてました(でかいのはうるさそうだ)。

そして喜び勇んでWindows再起動、3DMark2001起動、NBench起動。NBenchは宇宙シーンで縦線が無数に入り、カクカクする不具合。でもおおむね良好です(当社比)。

なんといっても嬉しかったのは、 マザーボードを交換して以来悩まされ続けてきたサウンドの問題が解決したこと。それにしてもAGPにしないと問題が起きるなんて、 随分わがままなマザーボード(チップセットのせい?)だ。みなさんもパーツは同世代のもので揃えましょう。

次にお気に入りのゲーム、Shadow Flareを起動。2DのUltima Online系のゲームです。 3D機能は使わず、多分DirectDraw性能が重要になるはず。

しかし、お、遅い!!キャラクターの動きがもたつく。

状況を調べるために、HDBENCHを起動。

   ALL  Integer   Float  MemoryR MemoryW MemoryRW  DirectDraw
 21036    42590   51327    17354   15767    22417          37

Rectangle   Text Ellipse  BitBlt    Read   Write    Copy  Drive
    46967   1773    6775     689   30331   27328    2581  C:\100MB

※Duron1GHz DDR256MB RADEON8500LE128MB 32bitColor

RectangleとBitBltは8割くらいアップしてますが、 DirectDraw、Text、Ellipseは激減しています。Shadow FlareではDirectDrawの数値の遅さが問題と思われます。

AGPドライバを入れろ!

いろいろ調べてみた結果、AGPドライバなるものをいれねばならないそうです。普通はマザーボード導入の時に入れるのでしょうが、 PCIビデオを使っていた私はいれてませんでした。

ということで、ECSのホームページから最新版をゲットしてインストールすると、

   ALL  Integer   Float  MemoryR MemoryW MemoryRW  DirectDraw
 21680    42590   49951    13709   20985    22934          55

Rectangle   Text Ellipse  BitBlt    Read   Write    Copy  Drive
    48717   1916    6635     694   31839   28876    2851  C:\100MB

※Duron1GHz DDR256MB RADEON8500LE128MB 32bitColor

ふむ。DirectDrawがだいぶ改善した。もう少し行ってもいいような気もしますが、 Shadow Flareは遊べるレベルになったので、とりあえずオッケーとします。

比較は、色bit数も統一せよ。16bitカラーは速い

それでも前に比べて劇的な改善とは言えない数値。おっと、前は16bitカラーでのテストだったんだ(というかVoodooは16bitしか出ない)。

16bitになおしてみると、

   ALL  Integer   Float  MemoryR MemoryW MemoryRW  DirectDraw
 22235    42585   51796    17354   16219    23134          58

Rectangle   Text Ellipse  BitBlt    Read   Write    Copy  Drive
    58188   2897    7714    1408   32342   27630    2789  C:\100MB

※Duron1GHz DDR256MB RADEON8500LE128MB 16bitColor

うむ。RectangleやBitBltが満足げになってきた。Ellipseは小さいが、このあたりはドライバの作り込みによるようだからなぁ。

スクリーンフォントの縁を滑らかにすると遅い

ところでこのTextの数値って、異常に小さいのではないでしょうか。こちらもネットで検索して同様のシステムの値を見た結果、 私のはとっても小さいことが分かりました。

う〜〜ん、う〜〜んと考えた結果、画面のプロパティ内で設定できる、 「スクリーンフォントの縁を滑らかにする」というオプションをオフにしたところ、

   ALL  Integer   Float  MemoryR MemoryW MemoryRW  DirectDraw
 24435    42585   51265    17354   15810    22417          58

Rectangle   Text Ellipse  BitBlt    Read   Write    Copy  Drive
    57131  56304    7630    1393   26625   31352    2785  C:\100MB

※Duron1GHz DDR256MB RADEON8500LE128MB 16bitColor

どっか〜〜ん!!全然違うじゃ〜〜ん!!でも、原因はわかったので「〜を滑らかにする」はオンにして使ってます。

全体としての性能が重要

ところでこのHDBENCHの結果をみると、 以前に比べハードディスク性能もかなり上がってます。 AGPになったので、PCIバスが空いたからかな?サウンドの問題は間違いなくそのせいなんだけどなぁ。

とにかく、おおむね満足できるレベルになったのでこれで調査は終了しました。他のシステムの結果を見るともう少し良くてもよさそうなのですが、 そのためにはCPUクロックをもっと高くしないといけないようです。

それにしても1GHzでは足りないなんて。とほほ・・・(って死語か?)。

教訓:全体としての性能が重要。良いパーツを使うときは全部良いパーツにしよう。

3DMark2001  : 5293 3D marks
N-Bench 1.2 : 3297 Marks
N-Bench V2  : 1049 Marks
※Duron1GHz DDR256MB RADEON8500LE128MB

今日の参考サイト