munepi.com > Article > コマンドプロンプトでタブ補完を有効にする

コマンドプロンプトでタブ補完を有効にする

コンソールプログラムの作成

数値計算の実行やアルゴリズムの実証など、 ちょっとしたプログラムを作る場合は、 コンソールプログラムとしてつくると便利です。わざわざVisual StudioやC++ Builderなどの重たいIDEを開く必要はありません。

Visual C++ならclというコマンドでコンパイルできます。

C:\MyProgram>cl tyotto.cpp

Borlandなら、bcc32です。

C:\MyProgram>bcc32 tyotto.cpp

パスを通しておかないといけないのは言うまでもありません。インクルードやライブラリも環境変数を設定すると便利ですが、 そこは今日の本題でないのでパス。

ファイル名の入力にタブ補完

ところで、モジュールファイル(.cpp)がたくさんあるときは、 clやbcc32のあとに全て並べるのですが、 ファイル名をいちいち打ちまくるのが面倒!また、コマンドプロンプトでディレクトリを移動したりする場合にも、 ディレクトリ名が長いと入力が面倒です。

Linuxには、 ファイル名の最初の方だけ入力してTabキーを押すと残りを自動的に補完してくれる機能があって、 とても便利で羨ましく思っていました。

しっくぁ〜〜し!!発見しました。なんとWindows2000とWindowsXPにはタブ補完の機能があるんだそうです。

WinXPははじめから使えるようになっていますが、 Win2000ではレジストリをいじってやらねばなりません。

ということになります。

ぜひぜひお試しあれ。

今日の参考サイト