munepi.com > Article > CSSの真の威力

CSSの真の威力

最近、サイドビジネスがらみでCSSを使うことになり、本を買ったりWebサイトを使ったりと、資料をあたってみました。

そしていろいろわかるにつれ、CSSの本当の姿を知るようになりました。

以前もCSSは使っていたのですが、色とフォントのセットに名前がついた、程度の認識でした。

ところがどっこい、CSSはHTMLを「文書の構造をあらわす」という本当の姿に戻すべく生まれた、崇高な使命を持ったものだったのです。

たとえば、昨今クールといわれるWebサイトはテーブルをガリガリ使ってその複雑なレイアウトを構築しています。

しかし、そのなかにある文章は、ソースを読んだときには、TRやらTDやらのタグに埋もれて、さっぱり意味や意図がわかりません。

そこでCSSを併用し、見出しはH1でとか枠はDIVでとか構造を維持するような形でHTMLを書くのです。

私も、そんなCSSに刺激されて、本サイトも全面的に変更して見ました。

まだ研究中でありますが、どうでしょう?真の威力はソースを読んだときにわかります。さぁ、右クリックしてソースをご覧!

今日の参考サイト