munepi.com > Article > マザーボードその後

マザーボードその後

先月、CPU周りを交換しました。問題が起こったので、何かの参考になるかもしれないので記しておきます。

CPUはDuron 1.0GHzに。

必然的にマザーボードも交換。Sis735チップセットの、ECS K7S5Aというやつにしました。理由は安いから&DDRメモリなので。

DDR-SDRAMは256MBのモジュールが1枚。

買ったのは以上なんですが、これに伴って、サウンド機能とLAN機能がオンボードになりました。#サウンドはISAを使っていたので使用不能になり、#LANはわざわざつけることもないだろうとはずしました。

そして、問題が発生しました。

音声が、グラフィックスの動きに連動して崩れるのです。

例えば、WinAmpで音楽を再生しながら、右クリックメニューを出すとピッチが崩れ、ウィンドウサイズを変えるとボロボロボロと雑音が入ります。

特にひどいのは、ゲーム。音のテンポは落ちるし、相変わらず音自体もボソボソになるし。

ということで、考えました。

グラフィックボードは、今まで使っていたVoodoo Banshee(PCI)をそのまま使っています。以前はこのようなことはなかったので、オンボードサウンド機能を疑いました。

しかし、新しいドライバも出ていないし、BIOSも同様です。簡単に出来そうな対策はないようです。

そして、今日サウンドカードを買ってきました。とにかく音が崩れなければいいので、機能はいりません。欲しくなったらきちっといいやつを買います。

だから、ひたすら安いものを探した結果、「玄人志向 CMI8738-4CHPCI」というやつにしました。DEPOツクモ(札幌)で1,379円。

しかし、付け替えても改善せず。

どうやらPCIのグラフィックカードが原因のようです。

今時はAGPが主流ですものね。PCIバスをグラフィックデータが通ることは考慮にないのかしら。

で、グラフィックカードは、ひたすら安いといっても1000円くらいでは買えないのでまたの機会になりました。

残念。

教訓:パーツは同世代のもので揃えよう。

今日の参考サイト