munepi.com > Article > きつい・汚い・危険・考えなきゃいけない

きつい・汚い・危険・考えなきゃいけない

私は、大学院生をやっていまして、23歳ですが勉強が仕事です。

いままで、バイトは大学入ってからずぅっとやってますが、就職はもちろん経験ありません。

でも、大学を出てから就職すると、そうでない人に比べて、初任給や昇給・昇進が良いことになっているようです。

そんなわけで、世の中には大学に行こうと思う若者や、子供を大学に行かせようと思う親がたくさんいるわけでして、つまりは、受験産業というもののカスタマーとなっているわけです。

私も塾講師というバイトをしているので、まぁ産業の一部になっているのですが、受験生を見ていると考えてしまうことがあります。

塾というのは、受験に必要な力がまだ足りないから、先人の知恵を借りるために通うところだと思います。

足りていれば、わざわざ高い金だして通うことはありません。

では、知恵者たる先人と何が違うのか。

それは聞いたことを「考え直しているか」ということに集約できると考えます。

つまり、学校で受動的に「教えられた」ことについて、さらに自分の思考に合わせて「考え直して」いるかどうかが能力の差になると思うのです。

しかし、「考える」という作業は非常に能動的な作業ですから、言ってしまえば面倒くさい!

面倒なことなど誰もしたくない!

でも、この面倒くさい誰もやりたくない作業こそが、知識を自分のものにして、新しい理解手法を築くための唯一の方法です。

塾では、考えるヒントを与えるのが仕事だと思って、私は働いています。しかし、能動的作業である「考える」ことを、受動的作業に変えてくれるところと捉えている生徒もいるかもしれません。

生徒を見ていると、いままで考える作業を怠ってきたであろうことが容易に想像されることしきりです。

受験シーズンになって急に考えることをはじめても、そもそも自分流の考え方を今まで考えてきていない!急になどうまく出来るはずがない!

#以上の話は、もちろん全ての生徒に当てはまることではないことは断っておきます(^^;

結局、受動的な勉強しかしてない人は大学に入ったとて、このような多分に能動的な場では、そこで得られうるものを十分獲得しきれないでしょう。

これは私が大学に入って、ひしひしと感じたことでもあります。

受動的ではいけない端的な例としては、高校までは教師がなんとか救済してきた留年が、大学ではいとも簡単にできてしまうことがあげられます。

おっと、このページはわが生徒も見ている可能性があるので一言いっておこう。

このページを読んで、よくよく進学について考えなさい。勉強は、大学は行くためにあるのではないのですよ。そんな動機では大した勉強など出来ないのですよ。

それでは、続き。ここでタイトルの言葉を考えましょう。

3Kという言葉をご存知でしょうか。「きつい」・「汚い」・「危険」(順番があっているかはわかりませんが・・・)という、やりたくない仕事にあげられている仕事の頭文字をとった言い方だそうです。

しかし、3Kの仕事は高給なものが多いのです。例えば、炎天下で朝から晩まで体力をとても使うきつい仕事。一般人が出す排出物・廃棄物を扱う、縁の下で力を出してる汚い仕事。高所や放射線の中での危険な仕事。

つまり必要ながら、やりたい人が少ない仕事は高給なのですね。

そこで提案。

いろいろなことを「考える」ことは必要な仕事です。たとえば国を動かすこととか、組織をまとめることとか。他にも、新しい製品の研究・開発とか、理論の発見とかいろいろありますね。

でも、考えることは面倒でやりたくない。

だから、

「きつい」・「汚い」・「危険」

に、もう1つ加えて

「きつい」・「汚い」・「危険」・「考えなきゃならない」

にして4Kにしませんか?

こうすれば、考える仕事が、体使わないのに高給なのもすこし納得できるようになるかな〜と思って。

先生と呼ばれる人は、考えることを仕事にしているために、そういう尊称をつけて呼ばれるのだなぁとわかってきました。

#ああ、俺も少し大人になったなぁ。

今日の参考サイト