munepi.com > Article > HTMLスリム化作戦

HTMLスリム化作戦

えーと、昨日のFreeTalkingでページのサイズを小さくするということを言いました。で、最近実行しているのはこれ。

1.CSS

「カスケーディング・スタイル・シート」の略だそうです。フォントや位置揃え、色などのスタイルの組み合わせに名前を付けて、予め別ファイルに登録しておくことで、ページを書くHTMLにはその名前(クラス名と呼ぶ)をタグの中に書くだけで良いというものです。

本来は、スタイルファイルだけを書き換えれば、サイト全体のデザインが一瞬にして変わるという効能を目指したもののようですが、ファイルサイズ削減にも少なからず効果があります。

というのも、多用するスタイルにはいちいちフォントタグやら位置揃えタグやら、書きまくらずに、スタイルを書くだけで良くなるからです。

今のデザインは、なるべくCSSを使ったスタイル指定を行い、暇な時にCSSスタイルと重複するタグ指定を削除しています。

2.miniHTML

これは、Sequence Gauさん作による、HTMLファイルから無駄なスペースや、改行コードを削除して、デザインを変えずにファイルサイズだけ小さくするというアイディアツールです。

オプション指定することで、複数の同じタグをまとめたりもするようです。

ちびソフトのFrontPageなどはかなりひどいHTMLを吐くので、特に有効です。手作業でなく、FrontPageやホームページビルダー、DreamWeaverなど、ホームページデザインソフトを使っている人は、とりあえずアップロード前にminiHTMLに投げ込んでおくと幸せになれます。

ちなみにわがむねピ!ドットコムのトップページは、DreamWeaverに吐かせた直後は12.6KBあったものが、miniHTMLで8.5KBにスリム化されました。すげぇ。

今日の参考サイト