munepi.com > Article > Vectorへの作品公開

Vectorへの作品公開

とうとうやりました!!私むねピ!もアマチュアツールクリエーターに仲間入りです!

いやぁ、思えば長かったこの10年。ひたすらプログラミングに携わっていながらなんの結果も出せずにいたのですから、作品が大きなところで公開される嬉しさはひとしおでございます。

 

さてさてはじめからまくし立てましたが、何のことかと申しますと、私の作ったツールがVectorというInternetでたくさんのソフトを紹介・配布しているサイトに登録されたのです。

もっとも登録は希望制なので、誰に登録してくれといわれたわけでもなく、自分から「これ見てよー、使ってよー」と言っただけなのですが。

で、登録したツールはMailEraserという何の変哲もない名前の(^^

私が使っているWinbiffというメーラーは、サーバーから何日後に削除といった気の利いた設定がないために、複数の場所でメールを読みたい場合にはちょっと困ります。そこで、メールをサーバーに残す設定にして、たまってきたらMailEraserで消すということをするわけですね。

で、公開後1週間のダウンロード数を調べてみました。

6月23日に公開されて、6月30日の時点で130件のダウンロード。さすがVector。この数字は私の予想よりはかなり多く、このまま行くと年間7000件くらい行きます。

一応、Vectorを調べて類似のソフトがなかったために作ったものですから、同じ(メールを手動で削除したい)要望のあった人が、結構落としてくれているのでしょう。

これだけダウンロードされると、そのうちバグレポートや(いや、いっぱいあるのはわかってるんだけどさ)、意見・要望なども寄せられるようになるでしょう。サポートに責任も持たなければいけなくなりますね。

でも、自分の作ったソフトを誰かが使っているという快感!プログラマ冥利に尽きますね。

これに味を占めて、次々とソフトを公開していって自分をアピールしつつ、ひょっとしたら小金も稼げたらいいななんてたくらんでいるむねピ!でございました。

 

次回の公開作品は多分EXGRACEブランドのものになりそうです。チェックしてみてくれ!